学生時代の視力診査の渋い日記と生ぬるい日記

あたいは小学生低学年のことから視力が悪かっただ。しかしそれを指し始めたのは小学生4年生のことです。
さかのぼると40年ぐらいの前の話ですが、その時は視力診察で1.0未満で精妙診察が必要としている人間は、
範疇でも数えるほどでした。私もその中の単独だと思うと辛くて本当に落ち込みました。
スクールもベンチも前の方にしていただきました。その時の視力は0.5か0.6ぐらいでした。
そういったある日、奥さんが視力回復合間で練習装置を購入して、視力回復練習を自宅で行ったりしました。
しかしそれでも視力は毎年落ちるはじめ方で練習を行っても効果はありませんでした。
とにかく新学期が始まって体見立てがあり、その中で視力診察はとくに憂鬱で、登校拒否に間近い身なりさえ出ました。
とにかく体見立ての当日はセミナーに通うのに乗り物がなかなか前に進まず、異様にスピードも重たかっただ。
まるで杖をついている老人間みたいな歩行方でした。
そして中学に入る前に眼鏡をかけ始めました。その後も視力は毎年少しずつ下がっていきました。
そのたびに眼鏡をやり直すという繰り返しでした。高校生に入ってからはいつの間にか裸眼視力は以前ほど
あまり思いにならなくなりました。裸眼視力は0.1後半でしたが、こうした欠点よりも
眼鏡をかけて一番後ろのベンチで黒板のワードが見えているかどうか、それが最良大切な材料でした。
しかし高校生になると裸眼視力も眼鏡の都度数もそれなりに落ち着いてきました。
それでも視力診察と聞くと大きなリジェクト手応えをひきおこしました。
まだ視力診察よりは歯医者のようなつらい診断の方がずっとマシだという情熱もありました。
スタービーチ以上にいま出会える実績ありの人気出会い系サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です