HUNTAR×HUNTARという名作アニメを紹介していきたい

HUNTAR×HUNTARは実は昨年まで ほとんど目にしたことはあるが、読んだことはありませんでした。

去年ネットワークが 推奨という話を聞いたりネットワークが経営する喫茶店で「気功とかオーラ、チャクラ」などこちらが面白い分野原のこととHUNTAR×HUNTARの念のポリシーは実は凄く当てはめるよと話を聴き読んでみました。

グリーンアイランドエディションとかキメラアント登場場面など スタンスがマフィア軍に恋物に超人にSF系統でもあるし、ホラーでもあるしドラゴンボール風でもあり 様々な中身が良い意味でごちゃ取り混ぜですぐにハマりました。

念技術により 設定類ですとか強化類ですとか技術手並みが違うというのも楽しい思いつつ読み進めました。

性分はわかりやすい性分とそうでない性分がはっきりしており、常に謎のヒソカの有が桁外れすぎて面白かっただ。

異議中身がこういうマンガ多いです。

念とかオーラ技術で ビスケみたいに急激に若々しく思えたら そりゃすげ?アンチエイジングです?とおもうこともあります。

さらに、クラピカが人気持ちなのに後突然クラピカが出なくなります。またレオリオがメイン性分として幽遊白書の桑原にも似てるはずですが、している時盤以後から 学者の順路にすすむんか?いとここでも異議入れてしまいました。

また30数巻で連載が塞がり何年も経過してるのも なんでやねんと思わずツッコんでしまいました。異議中身も多いユニークなマンガだ。PCMAX(ピーシーマックス)で出会ってヤリまくる為の教科書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です